●Jean-Michel Pilk Solo Piano 6月19日〜6月25日 来日!

ジャズに限らず音楽ディレクター、ピアニストとして多方面で活躍中の【ジャン・ミシェル・ピルク】が来日します。ご期待ください。

** メンバー**
Jean-Michel Pilk : piano



Jean-Michel Pilk : piano

ジャン・ミシェル・ピルク

1960 年パリ生まれ。

研究者としてロケット開発に携わっていたという異色の経歴を持つフランス人ピアニストで独学でピアノ の演奏を習得している。

1995 年にニューヨークに移住し、Francois Moutin (b) 、Ari Hoenig (ds) と共に自身のトリオを結成し活動 を始める。

2000 年に"Sweet Basil"(NY) でライブ・レコーディングを行い、2 枚のCD をリリースする。

その後、Dreyfus Jaz より「Welcome Home」「Cardinal Points」そして自身初のピアノ・ソロ「 Follow Me」 のアルバムとトリオでの「Live at Iridium」「New Dreams」「True Story」をリリースする。

Motema Label に移籍後は、ライブレコーディングの「Essential」とトリオの名称を"Pilc Moutin Hoenig" として「Threedom」をリリースする。

2005 年、Sunnyside Records より3 枚目のピアノソロアルバム「What Is This Thing Called?」をリリースする。

2009 年、 チャップリンの作品から得たインスピレーションを元に新プロジェクト「Modern Lights」を、2013 年には、より自身の表現を深めるため、Octet 「Big One」を立ち上げる。

Jazz に限らず音楽ディレクター、ピアニストとしてHarry Belafonte とともにオペラ歌手Jessye Norman と競演。

2006 年からは、NYU Steinhardt、New School で後進の指導にあたる他、教則本「It's About Music - The Art and Heart of Improvisation」(Glen Lyon Books)、 「True Jazz Improvisation」(JazzHeaven) を出版している。

これまでに、Roy Haynes、Michael Brecker、Dave Liebman、Jean Toussaint、Rick Margitza、Martial Solal、Michel Portal、Daniel Humair、Marcus Miller、 Kenny Garrett、Lenny White、Chris Potter、John Abercrombie、Mingus Dynasty & Big Band、Lew Soloff、Richard Bona 等多くの著名なミュージシャン と競演している。

現在、演奏活動の他カナダ/ モントリオールの名門マギル大学で准教授として後進の指導にもあたっている。