●Bryn Roberts & Lage Lund 7月21日〜7月29日 来日!

ニューヨークジャズシーンで最も期待を集める、新進気鋭のピアニストとギターリスト、【ブリン・ロバーツ】【ラーゲ・ルンド】が来日します。ご期待ください。

** メンバー**

Bryn Roberts : piano

Lage Lund : guitar

 


Bryn Roberts : piano

ブリン・ロバーツ

カナダ出身。 モントリオールにあるカナダの名門マクギル大学に入学。

フレッド・ハーシュに師事し、1998 年に優秀な成績で卒業する。

卒業後はモントリオールを中心に演奏活動を始める。

2000 年、メイナード・ファーガソン・ビッグバンドのアメリカ国内やイギリス ツァーに参加した後、ニューヨークに仕事の拠点を移す。

刺激的で多様な音楽が交差する状況下でリーダー、サイドマンとしての経験を 重ね、説得力のある演奏と作曲はニューヨークのジャズシーンでもすぐに注目 される。

2005 年、カナダ出身のSAX 奏者シェーマス・ブレイクが参加したリー ダー作『 Ludlow』をFSNT から発表、大きな話題となる。

また、 jazz や improvised music の他にシンガーソングライターの世界で多くの アーティストとのコラボレーションを続けている。

2008 年からはDar Williams の伴奏を務め最新アルバム「Emerald」の制作に参 加し演奏の他に挿入曲” New York is a harbour” の作曲も手掛ける。 .

また、ソウル歌手/ ウィリアムベル、グラミー賞受賞者のロザン・キャシュ、ジョン・レヴェンタール等コンサートにも参加している。

主な共演者にシェーマス・ブレイク、クリス・チーク、クリス・ポッター、ラーゲ・ルンド、ビクター・ルイス、ケンドリック・スコット等、ニューヨーク のトップミュージシャンも多く、グラミー賞受賞者のAlan Ferber が率いるNonet の元メンバーであり“Scenes from an Exit Row” , “The Compass” , “Chamber Songs” and “Roots and Transitions” のレコーディングに参加している。

自身のリーダー作『FABLES』ではシェーマス・ブレイクがソプラノサックスに持ち替えメロディアスな非4ビート曲で印象的な演奏を披露し、活気あふれる ドラミングのジョナサン・ブレイクをフィーチャーして大きな反響をよんだ。

最新作はLage Lund とのDuo『Nightsong』で印象的な演奏を披露している。 今ニューヨークで最も期待されるファーストコールのピアニストの一人である。

 


Lage Lund : guitar

ラーゲ・ルンド

1977 年、ノルウェーのシェーエン出身。 13 歳頃からギターを始めると、3年後には自分のバンドで地元のクラブで演奏するようになっていた。

ハイスクール卒業後、奨学金を得て渡米してバークリー音楽院で学んだあと、ニューヨークに移ってジュリア ード音楽院に入学。

新設されたジャズ・ギター科の最初の生徒としてピーター・バーンスタインからも教えを受けた。

そして、2005 年に開催されたセロニアス・モンク・コンペティションで優勝し、翌2006 年に日本のポニー・ キャニオンから1作目『Romantic Latino』でリーダー・デビューを果たすと、2007 年に2作目『Standards』 も残した。

続いてクリス・クロス・レーベルから2008 年に3作目『Early Songs』、2010 年に4作目『Unlikely Stories』をリリース。

さらに、スモールズ・レーベルから2011 年のステージの模様を収録した5作目『Four Live At Smalls』をリリース。

再びクリス ・クロスから2013 年に6作目『Foolhardy』、2015 年に7作目『Idlewild』、2016 年にはピアノのブリン ・ロバーツとのデュオ・アルバム『Nightsong』もリリースした。

その一方で、マーク・アイシャム、シェーマス・ブレイク、マーク・ターナー、ウィル・ヴィンソンなど共演は 多数に上る。

来歴はこれまで8回。2010 年1月でのサックスのダヴィッド・サンチェス・グループを皮切りに、翌2011 年 9月には自身のトリオを率いて、2012 年5月には自身のカルテットを率いて日本ツアーを敢行。

また、2012 年12 月にはマリア・シュナイダー・オーケストラの初来日公演にも帯同し、2013 年秋には再び 自己のトリオを率いて、さらに同年12 月にはマリア・シュナイダー・オーケストラ2度目の来日公演にも参加。

2014 年6月にはアリ・ホーニグ・トリオ、2014 年秋にはラーゲ・ルンド・トリオで日本を回っている。

故ジム・ホールの流れを汲むスタイルとしては、ピーター・バーンスタインなどが上がるが、その次の世代の中 では最も期待されているギタリストと評されている。