● Nitai Hershkovits Trio 7月6日〜7月15日 来日!

今注目を集めるイスラエルの天才ピアニストがニュー・アルバムを携えトリオで初のジャパンツァー!
ジャズの未来を照らす精鋭3人のプレイは必見必聴です。ご期待ください。

** メンバー**

Nitai Hershkovits(p)

Or Bareket(b)

Amir Bresler(ds)

 


Nitai Hershkovits(p)

ニタイ・ハーシュコヴィッツ

現在ニューヨークを拠点に活躍するニタイは、1988 年、イスラエル出身。

15 歳頃からピアノを始めると、ウィントン・ケリーやソニー・クラークを聴いてジャズに開眼する。

17 歳からAICF 財団から最高位の奨学金を得て、アミット・ゴランとユヴァル・コーエンから正式に音楽やピアノ・レッスンを受けると、クラシックにも興味を持つようになる。

そして、イスラエルの 著名な作曲家メナヘル・ワイセンベルグ、教育者のショシャーナ・コーエンとアミル・ペドロヴィッツ にクラシック音楽と理論を学び、2009 年にルービン音楽院の学位を取得した。

そのルービン音楽院在 学中の2008 年、テルアビブのカフェでピアノを弾いていたときにイスラエル出身の名ベーシストの アヴィシャイ・コーエンと出会うと、ふたりはジャズ・クラブで度々演奏するようになる。

アヴィシャイから“ブラッド・メルドーを思い起こす” と言わしめ、2012 年にデュオ・アルバム『デュ エンデ〜聖霊』、翌2013 年にアヴィシャイのリーダー作『アルマー』に参加。

アヴィシャイのグループの前任はシャイ・マエストロだっただけに、一躍脚光を浴びる存在に。

さらに、2014 年にアヴィシャイ・コーエン・トリオで来日し、2015 年に発表されたアヴィシャイのピアノ・トリオ・アルバム『フロム・ダークネス』で、 ニタイの名は世界的に広まった。

2016 年、テルアビブを拠点に活動するバターリング・トリオの中心人物&ドラマーのレジョイサーをプロデューサーに、カート・ローゼンウィンケルや ジョージア・アン・マルドロウなど多彩なゲストを迎えて、初リーダー作『アイ・アスクド・ユー・ア・クエスチョン』をリリース。

ピアノのみならず、キーボード、オルガン(イタリアのファルフィッサ製)、シンセサイザー、クラリネット、加えて2曲では自らの作詞によるヴォーカル まで披露するなど多芸多才ぶりを見せつけた。

なお、現在はセカンド・アルバムを制作中で、今回の来日公演は2014 年以来3年ぶりで、リーダーとしてはこれが初となる。

 


Or Bareket(b)

オル・バレケット

エルサレム生まれだが、育ちはアルゼンチンのブエノスアイレスとイスラエルのテルアビブ。

NY のジャズシーンで、早くも多芸なベーシストの一人として注目を浴びている。

2011 年にはInternational Society of Bassists' jazz competition で優勝。

彼の生い立ちの多様さが、そのスタイルを際立たせている。

特にインプロのアプローチは、地中海、南米、 北米のフォークなどの要素を帯び、それらすべてはアメリカンジャズの伝統への、深い敬意と知識をもっ て解釈されている。

NYに拠点を移してからは、Jean-Michel Pilc, サム・ヤヘル, スリー・コーエンズ(アヴィシャイ・コー エン、アナット・コーエン、ユヴァル・コーエン), ビリー・ハート, ビクター・ルイス, ドン・フリー ドマン、アリ・ホーニグ、 ジブ・ラヴィッツ、 ギラッド・ヘクセルマン、エリ・デジブリ、 シャイ・マエス トロ、 シリル・エイミー、 ヨタム・シルバーステイン等、 世界中の幅広いアーティスト達と共にレコーディ ングや、ツアーに参加している。

 


Amir Bresler(ds)

アミール・ブレスラー

イスラエルのリション・レツィオン生まれ。

13 歳の時から3 年間アヴィ・ゼハヴィに師事。

以来、エイタン・イツコヴィッチ、シャイ・ザルマン、ニル・ マンツール、マーク・モシェヴなどから学ぶ。 国立テルマイェリン高校(イスラエル、ギバタイム市)の学生だった15 歳の時にジャズの演奏を初めて発表する。

在学中にはアメリカ・イスラエル財団の奨学金を受け、また国内のドラムコンペで“ドラマー・オブ・ザ・イ ヤー”(最優秀賞)を受賞し、優秀な成績を修めて卒業する。

卒業直後から国内の一流アーティストらと共演、またミュージカルやロック、ポップなどジャンルを問わず 活躍の場を広げる。

徴兵時3年間は専門家としての才能を尊重され、軍のバンドで活動、内外の式典などでも演奏した。

2010 年には世界的に有名なベーシスト、近年、イスラエルを代表する若手ドラマーとして欧州方面を中心とする海外のジャズフェスに数多く出演。

 


後援:イスラエル大使館

本公演は、イスラエル大使館の後援を受けています。